2016年は様々な新種の医療保険が発売されていました。生命保険の中でも特に競合が激しい分野ですね。一つの特約、一つの給付条件に各社がしのぎを削っている感があります。個人的には医療保険の細かな比較なんて、宝くじが一等前後賞合わせて7億から10億になったって確率はほとんど0ということは変らない・・・そんな気がしますが。

hunintiryo

え?そんな細かいことで競争してんの?それより、その会社の財務状況はどう?運用を無理していない?実はね生命保険会社が潰れるのは、保険金の払い過ぎではないんです。保険金いくら払っても大丈夫なように十分な利益が取れるようになってるんですね。

むしろ運用で失敗する会社が潰れるようになってるんですね。またこれからは新規の健康なお客さんが増えないと、古い契約者ばかりになって経営を圧迫するかもしれませんね。

なので、大手の保険会社は日本だけでなく、海外の保険会社もどんどんグループの傘下に入れてますね。さて、お話が脱線しました。今年の医療保険は枝葉末節の比較でなく、かなりユニークな医療保険が出たことですね。

[医療保険] ブログ村キーワード

日生シュシュ

まず、日生のシュシュ。かつてはガリバーの日本生命がやることを右へ倣えって感じで保険会社が真似してたものでした。でも、第一生命に一度抜かれ、再び第一位に復活しました!

その日生シュシュ、不妊治療の保険として業界で初めて発売されました。実は不妊治療って健康保険などの対象にならず、自費で行います。なので、とっても高額になるのですね。で、それをなんとか民間の生保でカバーできないものか?と2016年の4月に認可が下りたのですが、各社データがないし、なかなかできなかったのです。

こうなったらうちでやるしかないでしょ!とばかりに立ち上がったガリバー日生。健保の効かない特定不妊治療を受けたら給付金を受け取れる医療保険を出しちゃいました!

採卵または胚移植・・・6回目までは1回5万・7回からは1回10万の給付です。最大12回まで保障です。普通は一回30万円かかるところを自治体などの助成と合わせ個人負担を軽くしようとする医療保険ですよ。

出産一時金ももらえます\(-o-)/

無事出産したら人数に関係なくお祝い金が出ます。1人目で10万、2人目で30万もらえます!1人生まれるごとに段階的に出産のお祝い金がもらえます。

出産で嬉しい上にさらにお祝い金まで(^^♪さらにさらに、不運にもがんなどの3大疾病にかかった時に一時金300万円の保障があります。医療保険としての機能もしっかり付加されている保険です。

加入年齢は16歳から40歳の女性です。大体月1万円の掛け金で入ることができますよ♪

アクサ生命「患者申出サポート」

患者申出療養って言うのは、自由診療と自由診療の混合診療のこと。これは4月にできた制度です。もともと健保と自由診療は併用はしてはいけません。が、先進医療を使う時はOKになりました。さらに今年は患者申出で「この医療を受けたい」って言えば混合医療が可能になった制度です。

でもね、患者申出の医療と言っても自己負担部分はとっても高いのですが、自己負担部分を1回1000万、通算2000万まで支払うという保険です。保険料は400円でがん保険とかのセットで加入します。いわば、先進医療特約みたいな位置づけでしょうか?

具体的には国内では未承認だが海外では評判のいい健保の対象になっていない抗がん剤などで特に効果が期待されるので、がん保険につけるのは相性がよさそうですね。

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命 リンククロスコインズ

これは先進医療と臓器移植の保険。先進医療は他社にもありますが、臓器移植は他社にありませんね。それが500円で保障されるのですから興味ありますね。先進医療で1回2千万まで、臓器移植で1回限り1千万まで。

臓器移植って一生に何回もできないですもんね、だから1回限り!

本当に2016年は色んな新種の医療保険が出ましたね(^^♪