医療保険の自己負担限度額(資料)

所得と年齢で変わります。70歳未満の場合。
所得の区分は、5種類あります。(この区分によって自己負担の限度額が違います)

年齢・所得区分 一ヶ月自己負担限度額 多数該当の場合
4ヶ月目以降
月収26万円以下(給料が27万円未満)
基礎控除後の総所得金額が210万円以下
57,600円 44,400円
月収28万円~50万円(給料等が27万円以上51.5万円未満)
基礎控除後の総所得金額が210万円超600万円以下
80,100円+(医療費-267,000円)×1% 44,400円
月収53万円~79万円(給料等が51.5万円以上81万円未満)
基礎控除後の総所得金額が600円超901万円以下
167,400円+(医療費-558,000円)×1% 93,000円
月収83万以上(給料等が81万円以上)
基礎控除後の総所得金額が901万円超
252,600円+(医療費-842,000円)×1% 140,100円
市町村民税非課税者(低所得世帯) 35,400円 24,600円

[自己負担割合] ブログ村キーワード

公的医療保険では、ある程度カバーできる高額療養費の例です。一ヶ月に自己負担の限度額があるのがなによりです。
・・・が、十分ではない部分もあるので、不足部分は自分で補うことも検討したいものですね。

あと、70歳以降はもっとも医療費が心配な時期。その頃の保障がどうなっているのか気になりますね~。

70歳から74歳及び75歳の方(一定の障害状態にあると認められた65歳から74歳の方を含むます)

所得区分 自己負担限度額月額(通院・個人) 自己負担限度額月額(通院と入院・世帯)
一般 12,000円 44,400円
現役並所得者
(一人暮らし年収383万以上
二人世帯で年収520万以上
44,400円 80,100円+(医療費-267,000円)
多数該当の場合は44,400円
市町村民税非課税者(低所得世帯) 8,000円 24,600円
収入が年金のみの場合、
一人暮らしで約80万円以下、
ニたり世帯で約160万円以下等
8,000円 15,000円

特に70歳以降の保障ってとっても気になりますねー。
終身型なら若いうちから準備しておくといいですよ(終身型は一生保険料が上がらないので、若いうちに入ったほうがお得です)