突然の病気やケガは誰にでも起きる可能性があります。そして、それはそのまま収入の不安、生活の不安に直結します。大病した時の手術費用、長期入院した時の入院費用、なかなか終わらない通院の費用。

実際、病気・ケガへの不安を持ってる方は、生命保険文化センターの調査では、医療費の心配で55%の方が不安を持っています。そして蓄えがあったとしても、一気に吹き飛んでしまうリスクを避ける方法はないのでしょうか?

日本には世界に誇る医療保険制度があります。皆保険制度ですね。しかし、すべての金額を埋め合わせてくれるわけではありません。自己負担の部分があります。

今生命保険の商品の中でも死亡保障よりも医療保険が売れ行きがよくなっています。やはり長期の入院で入院費がかさむ、そんな不安をお持ちの方が多いようです。

公的な医療保険制度に、自分で準備をする自助努力を加え、初めて完璧な備えになるのではないでしょうか?当ブログでは、公的な医療保険制度や生命保険会社の民間で用意する医療制度をわかりやすくまとめてあります。いざというときの備えのために、少しでもお役に立てれば嬉しいです。