[医療保険] ブログ村キーワード

医療保険の必要額ってどのくらいなんでしょう?公的医療保険制度である程度カバーされる医療費ですが、民間の保険に加入するのでしたらどのような考え方で準備したらいいのでしょうか?

さて、医療費は公的医療保険制度でカバーできるって言いましても、自己負担部分はあるわけで、その自己負担額は平均的なサラリーマン(月収27万から51.5万)で3割ですね。

例えば、平均的なサラリーマンの場合(月収27万~51.5万円)で、もし、一ヶ月100万円の治療費がかかったら?

まず、公的医療保険で、7割出してくれます♪

つまり、100万×70%=70万円が公的医療保険でカバーされます。で、残りの30万円が自己負担です。でも、一ヶ月30万円でもでかいですね。

しかし、一ヶ月で267,000円を超える医療費は、高額療養費の対象になります。なので、自己負担の限度があります。一般的なサラリーマンの場合の高額療養費の場合の自己負担の限度額は80,100円。この、限度額に267,000円を超えた部分の1%を加えたものが自己負担限度額になります。

計算式は、80,100円+(1,000,000円-267,000)×1%=87,440円で、87,440円が自己負担額になります。

↑が自己負担の限度、つまり、窓口で30万の自己負担分を払ったとしても、高額療養費により自己負担の限度額は一ヶ月87,430円までになりますので、30万円-87,430円=212,570円は返ってきます。

つまり、一ヶ月100万円の治療費がかかっても、一般的なサラリーマンの場合、87,440円の自己負担で済むのでした。さらには、サラリーマンの場合には、傷病手当金と言う給付が公的医療保険から出ます。

傷病手当金は、健康保険に加入している人が適用になります。(国民健康保険・任意継続の健康保険の加入者はダメです)業務外などの治療のために、会社を休んだ時に、給与補填の意味で、健康保険から出る給付です。

傷病手当金は会社を休んでる間、ザクッというと、給料の三分のニが出るというもの。公的医療保険の給付とは全く関係なく出ます。

サラリーマンの健康保険は、保険料が事業者負担も合わせると国民健康保険の倍になるので、給付も当然厚い(国民年金にはない)のも頷けることですね。

では、サラリーマンは、個人の自助努力は必要ないのでしょうか?

いやいや、入院時の食事代も自己負担部分があります。1回260円です。30日入院すれば、90食で23,400円ですしね、差額ベッド代もあります。人と一緒はいや!って言う方は、絶対に個室。個室料金は全額自己負担。いやなら、みんなと一緒になります。

差額ベッド代は、1日当たり1人部屋で7,500円くらい、2人部屋で3,000円くらい、3人部屋で2,800円くらい、4人部屋で2,300円くらい、の自己負担が発生します。

30日(一ヶ月)では、1人部屋で225,000円、2人部屋で90,000円くらい、3人部屋で84,000円くらい、4人部屋69,000円くらいの自己負担がかかるわけですね。大きな出費になります。

手術費用も高額なものがあるので、手術給付のある医療保険に加入するのもありですし、先進医療の技術料、これは全部自己負担だし、びっくりぽんなほど高いので自分であらかじめ準備したほうがいいと思います。

お金が無くって治療を受けられないって、ちょっと悔しくないですか?そして、上記はサラリーマンの例でしたが、自営業者の場合は、サラリーマンよりも給付が薄くなるので、より一層準備をしておく必要がありますね。