そもそも医療保険ってなーに?ま、医療保険と一言で言ってもその範囲はとっても広くなりますね。国や地方公共団体の行う公的医療制度から、その公的制度を補完する民間の医療保険までさまざまあります。

で、まずは、日本の公的医療保険制度をざっと知っておくことが大事かな~って思います。詳細に調べるときりがないので、基本的なところだけでもおさえておきたいと思います。

公的医療保険制度って言ったって万能ではないんです。自己負担部分があります。そしてこの自己負担部分は拡大しています。つまり、自己負担部分をいかに自分で準備できるか?が、生損保の医療保険の役割になるんです。

公的医療保険制度を補完する自助努力←ここが民間の生損保の役割なのです。

先ほど公的な医療保険の範囲だけでも、とっても広いって言いました。だってね、健康保険の種類だけとってもいろいろあるんですよ。例えば、大企業の会社員とその家族には、組合管掌健康保険があります。大企業は大きいので自前で健康保険組合を持てるんですね。だから、大企業の健保組合が作ってる健康保険が使えるんです。

で、自前で健康保険組合を持てない会社はどうするか?って言うと、中小企業が集まってる全国健康保険協会に加入してそこの管掌健康保険に加入するわけです。俗にいう協会けんぽって言う保険です。

上記は、民間企業のことですが、公務員は公務員で別に制度があります。これは共済組合と言われています。私学の教職員にも特別に共済制度があります。

そして、上記のどこにも属さない方は、具体的には自営業・農業・漁業・自由業・フリーター・無職・定年退職者などの方やそのご家族は国民健康保険に入れます。

こうして、日本国民のすべての方が健康保険に入れる仕組みが出来上がっているのですね。これが、日本が世界に誇る国民皆保険制度です。ですが、すべての医療にかかる費用をカバーするものではありません。また、毎年のように医療費負担が膨れ上がってるので、どんどん自己負担部分も増えています。

つまり、保障を自前で用意する重要性がどんどん高まっているんですね~・・・(^_^;)